読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Marketing Weblog

マーケティングウェブログは、サービスを提供するすべての人を応援するブログです。

市場の課題が商品開発のチャンスになる

 

f:id:payforward:20160612092611j:plain

個人のニーズや市場が抱える【課題】。実はこの課題は新たな市場開拓の素材となりえます。過去に提唱されたマーケティングの理論や方法論を用いて論理的市場の課題を解決する考え方・方法を【バーティカル・マーケティング】といいます。

【バーティカル・マーケティング】とは

【バーティカル】とは、垂直型という意味です。古くから使われてきた理論や方法論に沿って次のステップで現状を分析します。

1,問題の分析

2,仮説を建てる

3,アクションプランの策定

この3つのステップで課題をビジネスチャンスに変えていきますが、市場が成熟してくると、既存の枠を飛び越えた発想が必要になります。

垂直型の思考フロー

バーティカル・マーケティングは問題の分析から始まります。例えば売り上げが落ちている自動車メーカーの場合、問題点を集めることから始めます。

1,問題の分析

・ガソリンの価格上昇

・若い世代の車離れが進んでいる

2,仮説を建てる

・燃費の良い車を開発してはどうだろうか

・若い世代が車を持たない理由は駐車場確保や車の維持費ではないだろうか

3,アクションプランの策定

<商品プラン>

・燃費のよい車や代替えエネルギーで動く車を開発する

・税金や維持費の安い小型車を開発する

・若い世代に響くデザインの車を設計し、カスタマイズできるようにする

<広告・販路へのプラン>

・燃費のよさをアピール

・若者向けのローン金利優遇キャンペーンを展開

・ライフスタイルに合わせたデザインを選択できることをアピール

このような流れで課題解決までのアクションプランを考えていきますが、市場が成熟し商品が飽和してくると、埋もれていく可能性があります。そういった場合には垂直思考にこだわらず、新市場や新商品にフォーカスしていく必要があります。

まとめ

f:id:payforward:20160612092521j:plain

・バーティカル・マーケティングは市場の課題を解決するために垂直思考をする手法

・課題はそのままビジネスチャンスになりうる

・商品が飽和している市場では、垂直思考にこだわらず、新市場や新商品にフォーカスしていく

市場の課題はそのままビジネスチャンスになりえますが、飽和している市場では代替品が存在する可能性が高いです。常識や手法にとらわれず、柔軟に課題を解決する方法を検討しましょう。