読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Marketing Weblog

マーケティングウェブログは、サービスを提供するすべての人を応援するブログです。

商品のライフサイクルは4段階

f:id:payforward:20160706170634j:plain

市場に寿命があるように、商品にも寿命があります。人間が歳を重ねるように、商品のライフサイクルのことを【プロダクト・ライフサイクル】とよび、商品の時期に応じて4段階で捉えます。

【導入期・成長期・成熟期・衰退期】

プロダクト・ライフサイクルは、【導入期・成長期・成熟期・衰退期】の4つで構成されています。

【導入期】には知名度を高めるために先行投資が必要になりますが、まだ購入してくれる顧客は少なく、売り上げは低く、利益もあがりません。

【成長期】に移行すると、商品を認知してくれる人が増え、売り上げも上がります。【成熟期】は売り上げがピークになる時期です。しかし、売り上げがピークまで達すると、売り上げの伸び率が鈍化する時期でもあります。その他にも、競合品の値下げなど、利益が下がりやすい時期です。

【衰退期】ば市場に同じような製品が飽和することにより、需要・売り上げが落ち込む時期です。こうなる前に、商品の改定や新商品の投入が必要になります。

導入期から衰退期でとるべき戦略が異なる

導入期から衰退期までの4段階では、それぞれクリアすべき課題があります。導入期は、市場に商品を投入した直後なので、「生活者にどうやって商品を知ってもらうのか」が重要になります。広告やプロモーション活動は欠かせないものとなります。

成長期では、競合他社を意識することになります。競争に勝つために、生産効率や販売効率のアップが欠かせません。そして、「価格競争を避ける」ために商品の魅力を磨くことも重要です。

成熟期では、既存の顧客によるリピート購入に加え、買い替え需要を見越した商品の提供や新たな市場の開拓が必要になります。

衰退期には、新技術や機能を搭載した新商品で新たな市場を開拓するなど、様々な工夫が必要になります。すでに定着したブランドイメージを利用したり、壊したり、アイデアを駆使して新たな市場を開拓する必要があります。

まとめ

f:id:payforward:20160704070212j:plain

・製品の寿命のことを【プロダクト・ライフサイクル】という

・ライフサイクルは4段階に分かれており、【導入期・成長期・成熟期・衰退期】と呼ばれる

市場にもライフサイクルがあるように、製品にもライフサイクルがあります。よほど世の中に必要とされて生まれた製品でなかぎり、製品が変化することなく長寿でいられることは少ないでしょう。最高の商品の生み出し方は不明ですが、是非手がけてみたいものですね。