読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Marketing Weblog

マーケティングウェブログは、サービスを提供するすべての人を応援するブログです。

オムニチャネルの考え方

f:id:payforward:20160725112906j:plain

WEBマーケティングでは、現代においてO2O(オンライン トゥ オフライン)の概念をさらに拡張した【オムニチャネル】という考え方が重要になってきているようです。スマホなどによるオンラインでの検索行動をオフラインである実際の店舗に結び付けるだけではなく、オンラインとオフライン、すべての顧客との接点で良質な関係を築く取り組みです。

 

marketing-weblog.hateblo.jp

 オムニチャネルとは

コンビニ大手セブンイレブンやりそな銀行などですでに取り組まれているオムニチャネルですが、具体的にはどのようなものでしょうか。

セブンイレブンを擁するセブン&アイ・ホールディングスの場合、セブンネットショッピングで購入した商品を店頭(セブンイレブン)で受け取ることができるようになりました。グループ内で利用できる電子マネーnanacoによって顧客の購入履歴などを把握し、顧客にとって最適な情報をられる仕組みづくりにも力を入れています。

様々なチャネルを持ち、それぞれを連携させることで生活者と接点を持つことがポイントです。

・WEBサイト・WEBショッピングモール

・カタログ通販

・実際の店舗

・SNS

・マスメディア など

すべてのチャネルに関連性を持たせ、接点を作ることで顧客の利便性向上をはかります。利便性追求の結果、すべての購買行動がセブンイレブンとネット環境で完結するようになれば、価格競争が起こりにくい環境を作ることも可能になるでしょう。

まとめ

f:id:payforward:20160725113025j:plain

・オムニチャネルはオンライン・オフラインのチャネルを連携させ、すべてのチャネルで顧客や生活者と接点を持つという取り組み

・実際に店舗を持つ企業がオムニチャネル化を始めている

顧客の持つブランドイメージや企業への信頼性向上のためにも、顧客との接点を増やすことは非常に重要です。

昔ながらの客商売で重要な【信用】がインターネットの普及で薄れていたように感じられますが、オムニチャネルではまたも顧客との接点がフォーカスされています。時代が変わっても商売の本質は変わらず残り続けるのかもしれませんね。