読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Marketing Weblog

マーケティングウェブログは、サービスを提供するすべての人を応援するブログです。

検索広告はオンラインとオフラインをつなぐこともできる

f:id:payforward:20160724164054j:plain

googleでPCやタブレットから検索を行うと、検索ワードの上部や下部に広告が表示されます。これら検索広告は、インターネット(オンライン)で自社に興味を持ってくれた顧客を、オフライン(実際の店舗)に結び付けるときに効果を発揮します。

 

marketing-weblog.hateblo.jp

 検索広告に期待できること

googleの検索広告【google adWords】を利用する場合、複数の広告の形を選択することができます。

・テキストだけの広告

・WEBサイトなどに表示されるバナー広告

・ショッピング広告

・youtubeへの動画広告

・アプリへのバナー広告 など

これらの媒体に、効果的に広告を出すことが可能です。携帯を利用しない日が無いともいえる世代も多いでしょうから、目につきやすい所に広告を張れるのは非常にメリットがあります。

また、これら広告をさらに便利にする機能として、GPSを利用し、指定した範囲を検索した人にだけ広告が表示されるようにする機能や、Googleマップと連携して地図を表示する機能、営業時間帯のみ表示される広告など、様々なオプション機能も用意されています。

顧客から検索してもらう

近年のマーケティングはインバウンド型のマーケティングが採用されており、基本的に顧客からほしい情報を取りに来てもらうというスタンスです。一方的に情報を押し付けると拒否どころか嫌悪感を抱かれる可能性があります。

Google adWordsを活用すれば、ユーザーが検索した単語に対して適切な広告を表示させることができます。よって、すでに興味がある顧客が検索をすることになるので、闇雲に広告を撒くよりも効果的です。また、実際のクリック率や成約率もGoogle adWords側で把握できるので、効果の測定も容易です。

しかし、検索ワードと関連性の低い広告の内容の場合(ランディングページの質が低い・関連性が低い)その段階で顧客が見切りをつけて離れていく可能性もあります。成約に至らないクリックが増えても当然費用は発生しますので、質の高い広告(わかりやすい店舗概要・広告)が必要です。

まとめ

f:id:payforward:20160724163951j:plain

・Googleが提供するgoogle adWordsは検広告を表示できるサービス

・ネットショップや飲食店など、集客用にカスタマイズして利用も可能

・顧客の目的を果たせるWEBページを用意しておく必要がある

スタイリッシュな自社Webサイトを作るとカッコいい企業のイメージを付けることができますが、検索広告においては顧客の検索の目的を果たせるWebサイトが正義です。うまく活用すれば、オンラインの見込み客をオフラインに誘導することができます。検索広告を活用しましょう。